ISBN978-4-563-02522-9
書籍名 新しい地球惑星科学
(アタラシイチキュウワクセイカガク)
著者名 西山忠男・吉田茂生 共編著
(ニシヤマタダオ・ヨシダシゲオ)
出版社 培風館
判型 B5 頁数 296 発行日 2019-03-13 税込価格 ¥3326
地球惑星科学の対象は,空間的には宇宙空間に漂う太陽系惑星から地球中心部まで,時間的には46億年前の太陽系と地球の誕生から現在に至るまでの幅がある。本書は,それらの学問の基礎的な部分を広く取り上げ,豊富な写真や図版とともに,視覚的にもわかりやすくなるよう工夫して解説した入門書である。「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準」に記載されている基本的素養をもとに,大学初年次の学生向けの教科書としてふさわしい内容を選び,基礎編・応用編それぞれ15章に分けて紹介している。本書は,大学生だけでなく,啓蒙書レベルよりも少し専門的な知識を得たいと考えている読者にも最適である。
(主要目次)
基礎編
1太陽とその惑星たち
2宇宙の始まりと進化
3恒星としての太陽とその一生
4地球を取り巻く磁気圏・電離圏と超高層大気
5大気はどのように運動しているか
6海洋はどのように運動しているのか
7地球表層での物質の流れ
8地球を輪切りにして見てみよう
9地球はどのような物質でできているのか
10地球は生きている
11地球上で生命はどのように進化してきたか
12火山とともに生きる
13地震はなぜ起こるのか
14気象災害
15地球システムにおける人類
応用編
1太陽系の惑星
2地球と惑星の形状と重力
3同位体と地球惑星の化学と年代学
4地球の形成と進化
5大気と海洋の相互作用
6地球環境変動と地球温暖化
7地球のマントルのダイナミクスとプレートテクトニクス
8地球のコアのダイナミクスと地磁気
9地球・惑星物質(鉱物)を知ろう
10生物の進化と地球史
11陸水の表層循環と地層の形成
12造山運動と変成作用
13日本列島の形成と進化
14海洋底の構造
15鉱物・エネルギー資源
付録

web補足説明

 

培風館トップページへ