『学習の心理学』 内容紹介文
本書は、第1部で20世紀前半までにアメリカで生まれた行動主義・新行動主義から大きく成長した伝統的学習心理学について述べ、後半の第2部では1960年の後半以後大きく変化した新しい学習心理学について解説する。生得的傾向が学習に対して加える制約、刺激の情報価を重視した古典的条件づけにおける随伴性の考え、さらにそれから発展したレスコーラ・ワグナー理論などについて解説している。道具的条件づけについても、従来の強化理論と矛盾する事実やプリマックの理論など、新しい展開について説明している。
「知・情・意」のバランスの取れた伝統的学習心理学の流れの中で1960年代後半以降に生じたいくつかの変化を位置づけ、また興味あるエピソードや実験結果などを紹介する「コラム」も加えて、わかりやすく解説したものである。
現代心理学の基礎として欠かせない入門テキスト・参考書である。
[主要目次]
1、学習心理学の基礎知識 
2、学習心理学の誕生:パブロフとソーンダイク 
3、行動主義と学習理論:ワトソンとトールマンとハル 
4、媒介理論:スペンスとマウラー 
5、オペラント条件づけ:スキナー 
6、古典的条件づけの展開Ⅰ:生得的傾向重視の考え 
7、古典的条件づけの展開Ⅱ:情報重視の考え 
8、古典的条件づけの展開Ⅲ:レスコーラ・ワグナー理論 
9、道具的条件づけの展開