『臨床心理面接演習』 内容紹介文
本書は、臨床心理学における各種の面接法を初学者向けに解説したテキストである。
クライエントの状況に応じて最適な援助を行うために、臨床心理面接では精神分析療法、内観療法、集団療法、遊戯療法、コンサルテーション面接など、現在さまざまな手法が使われている。そのため本書では、初学者が各面接の手法やその基本的な考え方について理解を深められるよう、それぞれの専門家が丁寧に解説する。さらに初回面接の方法やストレスの科学的な理解など、臨床場面で必須となる事項についても述べられている。
臨床心理士や産業カウンセラーなどの資格取得をめざし、臨床心理学を学ぶ学生にとってふさわしい教科書・参考書である。
[主要目次]
1.適応と不適応、精神的健康
2.初回面接
3.臨床心理面接法各論(1)―精神分析療法(フロイト)
4.臨床心理面接法各論(2)―精神分析療法(ユング)
5.臨床心理面接法各論(3)―精神分析療法のその後の発展
6.行動主義および特性因子論
7.ストレスと心身医学の理論
8.人間学的理論
9.遊戯療法・芸術療法
10.内観療法―日本の精神療法
11.各種集団療法
12.コンサルテーション面接
13.コミュニティの中の相談・社会支援活動
索引